しらべるプロ野球用語事典

野球W杯

最終更新 2006/3/25
WBC

MLBが自分の都合で進めている世界的な野球大会の構想。
2001年には「野球スーパーW杯」という呼称だったが、2004年の報道では「野球W杯」となっている。 各国の選抜選手が代表チームをつくり出場する。
開催時にはWBCという名称になった

【 時系列の記録 】

2001年
11月、MLBが米国フロリダ州かアリゾナ州で開催する方向で準備を進める。 2003年3月開催、米国、日本、大韓民国、カナダなど8〜16カ国が参加。以降4年に1回開催〜 という構想だったが実現しなかった。
この構想が発表された直近のIBAF主催 世界選手権が「W杯」と改称された。そのためこちらのW杯は”スーパー”をつけるようになった。
2004年
6月、MLBが決めた要項を各国に打診。
2005年3月4日アジア地区で開幕。4チーム×4グループで1次リーグ、4チーム×2グループで2次リーグ、準決勝、決勝と進む。3月21日、米国で決勝開催〜という構想だったが結局2005年には実現しなかった。
2006年
3月、WBC開催
春先の調整時期に真剣勝負は期待できない。
どうしてもやるというならば、MLBがワールドシリーズをアメリカシリーズと改名するのが先である。(2005年3月記)

数年に一度の主なスポーツ大会
サッカーのW杯


毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる