しらべるスポーツ

ボクシングがある

最終更新 2009/5/16
1960年代までに生まれた人ならば、ボクシングの世界タイトルマッチの日に「今日はボクシングがあるね」という会話を経験している。ボクシングはなぜ特別な存在だったのか

当時、日本人が世界を相手に戦い、勝利する可能性がある唯一のスポーツだった。

キックボクシングもあったが、週1回テレビ中継があり、珍しさがなかった。

プロレスもあったが、週3回ゴールデンタイムに中継があり珍しくなかったし「ボクシングは真剣勝負、プロレスは八百長」という評価があった。

1980年代に半ばショーとしてのプロレスの価値観が認められたこと、1990年代に入りK−1PRIDEなど真剣勝負の格闘技が他にも登場したことで 「今日、ボクシングがあるね」は聴かれなくなった。
1998年以降、サッカー日本代表戦が行われる日の「今日はサッカーがあるね!」がこれに取って代わったが、2006年W杯の惨敗で死語になった。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる