しらべるスポーツ

ザ・デストロイヤー

最終更新 2004/5/10  プロレスの歴史
「白覆面の魔王」と呼ばれた元プロレスラー。本名:ディック・ベイヤー

1954年
プロレスラーとしてデビュー。
1962年
WWAに参加、ここからマスクをかぶりデストロイヤーを名乗る。
7月27日、フレッド・ブラッシーを破りWWA王座獲得。
1963年
初来日、力道山と対戦。
1973年
全日本プロレスに日本陣営として参戦。日本に定着。リング上でマイクを持つと「ばばさん、にほんいち」と当時、馬場が敵対していた猪木を意識して馬場をもちあげ、全日本ファンは大いに沸いた。
1974年
7月25日、覆面10番勝負第1戦、ミル・マスカラスを2−1で破る。足四の字固めで足をいためたマスカラスがロープのリバウンドでデストロイヤーを飛び越えようとしたところ高く飛べず、デストロイヤーの頭に金玉を打ち付けてしまいそのままレフェリーストップという幕切れ。お互いの顔を立てた決着となった。
この「10番勝負」方式は後にジャイアント馬場「世界選手権争覇十番勝負」、ジャンボ鶴田「試練の10番勝負」に引き継がれた。
日テレ系のバラエティ番組「うわさのチャンネル」ではゴッドねえちゃん和田アキ子と絡むコメディアンとして人気を得た。
1979年
アメリカへ帰国
1993年
現役引退
2003年
NPOフィギュア・フォー・クラブ発足。日米の文化交流を促進する活動を始める。


毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2004年4月