しらべるプロ野球用語事典

中日ドラゴンズ


名古屋に本拠を置く日本のプロ野球球団

親会社:中日新聞社

1936年
名古屋軍設立
1947年
中日ドラゴンズと改称。1951年に名古屋ドラゴンズと改称したが、1954年再び中日ドラゴンズとなり現在に至る。
1954年
セリーグ初優勝(天知監督)、日本一。日本一はこの一度きり(2007年はポストシーズンゲームでリーグ2位からの日本シリーズ優勝)
1973年
阪神の優勝がかかった試合で阪神を破り、巨人のV9をアシスト。
1974年
セリーグ優勝(与那嶺監督) 巨人のV10を阻む。
1982年
セリーグ優勝(近藤監督)
1988年
ドラフト会議、球団職員にして囲い込んでいた大豊を2位指名に回し、1位で今中慎二を獲得。大豊は成績が落ちると1997年オフ阪神にトレードに出した。今中は1997年から故障でほとんど登板なし、1999年シーズン終了後引退した。
1994年
幼女強制猥褻事件で1991年に横浜を解雇された中山裕章が入団。中山は2000年シーズンまで7シーズン在籍。
10.8決戦で巨人に敗れ優勝を逃す。
1996年
ナゴヤ球場最後の試合で敗れ、目の前で巨人の胴上げを許す。
1997年
本拠地としてナゴヤドーム使用開始。
1999年
セリーグ優勝(星野監督)
2002年
6月、初のキューバ政府公認プロ選手、リナレスが入団。リナレスは3シーズンで引退。
2004年
落合監督1年め。
セリーグ優勝 日本シリーズ西武に3−4で敗退。
2006年
セリーグ優勝 日本シリーズは日本ハムに敗退。
2007年
育成選手制度を使い、オリックスと揉めて自由契約を勝ち得た中村紀洋をテスト入団させて、結果的にシーズンを通してレギュラーとして起用した。
シーズン2位、クライマックスシリーズ日本シリーズコナミカップで優勝。セリーグで初めて、リーグ優勝していない日本一チームとなった。
2008年
シーズン3位、クライマックスシリーズではシーズン1位の巨人に敗れた。
2009年
シーズン開幕前WBCの選出を全員が辞退。12球団で唯一参加しなかった。落合監督は「選手個々の判断」とコメントした。
オールスターゲーム、巨人原監督による岩瀬、和田の監督推薦を断り、出場させなかった。
10月22日、アンチ・ドーピング規定違反の疑いがあるとして吉見一起投手、西脇紀人球団代表がNPBの事情聴取を受けた。 吉見はシーズン中、登板前後に「ニンニク注射」と呼ばれる点滴を受けていた。NPBは治療目的以外の静脈注射を禁止している。
2010年
2月26日、マキシモ・ネルソン投手が実弾1発を所持しており、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された。
9月、セリーグ優勝
2011年
8月までに落合監督の解任を決定。9月過ぎにヤクルトを逆転してセリーグ優勝 日本シリーズでは福岡ソフトバンクホークスに敗れた。
2012年
高木監督1年め
2014年
谷繁元信監督1年め 2シーズンは選手兼任。3シーズン目から監督専任。

ナゴヤに8年住んだ経験で語るど素人!名古屋講座
ナゴヤ人


毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2004年10月 最終更新 2015/11/18