WGP

原田哲也


【はらだ てつや】WGPで17回優勝した元世界二輪GPライダー

1970年6月14日
千葉県千葉市生まれ
小4で初めてオートバイに乗る
1986年
高校に進学せず二輪免許を取得。ロードレースデビュー
1988年
全日本ジュニア125cc年間チャンピオン
1989年
YAMAHAファクトリーチームと契約
1993年
WGP250cc初参戦、クラス年間チャンピオン
1997年
アプリリア移籍 250ccクラスに参戦
1998年
2度目の250cc王者のチャンスが巡ってきたが最終戦最終周 カピロッシの悪質な幅寄せにコースから押し出され機を逸す。
1999年
アプリリアから500ccクラスに参戦
2000年
アプリリア2000年仕様マシンが不調、第4戦から1999年型仕様に戻したが低迷。アプリリアはシーズン終了後500ccから撤退
2001年
アプリリアから250ccクラスに参戦 加藤大治郎に次いで年間総合2位
2002年
HONDAのサテライトチーム、イタリア「プラマックRT」からMotoGPクラス参戦 NSR500に乗る
シーズン終了後、WGPから引退
引退後
1998年以来住み続けたモナコに在住
2012年頃〜
趣味で再びバイクに乗り始める
2017年
KTM(オーストリアの四輪・二輪メーカー)アンバサダーに就任
2017年10月5日
週刊文春10月12日号「新・家の履歴書」に登場

ヤマハの開発力低下と「日本人は日本メーカーのバイクに乗る」という常識を覆すべくアプリリアに移籍していた。日本人として、イタリア国内での認知度は中田英寿より高いと2000年オフ読売新聞が報じていた。
〜2002年記〜




Copyright silabel All Rights Reserved. 初出2002年2月