三浦知良

最終更新 2012/10/28  人名もくじ
【みうら かずよし】Jリーグを軌道に乗せたプロサッカー選手。愛称カズ

1967年
2月26日、静岡市生まれ。
1983年
高校中退、ブラジルのプロチームに入団。 →ブラジルのサッカー
1990年
帰国 読売クラブへ移籍
1993年
8月1日、設楽りさこと結婚
Jリーグ初代年間MVP
1994年
7月、セリエAジェノア移籍
1995年
ベルディ川崎復帰 ベルディは1994年より讀賣の呼称を外している
1997年
フランスW杯予選で不調に陥る。10月4日の試合を終えた時、相手チームのマーカーに蹴られたのか、尾てい骨に内出血をおこしていた。

参考文献 
「虹を掴む」川淵三郎 講談社 2006年6月
1998年
W杯フランス大会直前、岡田監督により代表メンバーから外されキャンプ地から帰国
1999年
クロアチア、ザグレブに移籍。8月、京都サンガF.C.移籍
2000年
11月30日、J2降格が決まった京都が「Jリーグの宝をJ2に置いておくわけにはいかぬ」と戦力外通告
2001年
ヴィッセル神戸入団。開幕第2戦で初ゴール
2002年
W杯出場に望みをかけていたが、選考に漏れた
2004年
11月、予選突破が決まった後のアジア地区一次予選にジーコ監督が召集しようとしたが、反対に遭い召集されず。かつて、Jリーグ・チャンピオンシップでベルディ寄りの判定に怒り、カズがPKでセットしたボールに唾を吐きレッドカードを受けたのが鹿島にいたジーコだった
2005年
7月、横浜FCに完全移籍。初めてJ2でプレー
11月、シドニーFCへゲストプレーヤー枠でレンタル移籍。国内リーグ4試合とFIFACWCの出場契約
12月、日本で開催されるFIFAクラブワールドチャンピオンシップ2005に唯一の日本人選手として出場
12月、エッセイ集「おはぎ」出版 全編サッカーについてのエッセイ。ごく一部で好物のおはぎについて触れている。
2011年
3月29日、東日本大震災チャリティマッチに出場。Jリーグ選抜唯一のゴールとカズダンスを決めた。
2012年
10月、フットサル日本代表入り。インタビューに応えて「サッカーの日本代表とこの代表は全然(意味合いが)ちがう」と述べた。
2018年
2月26日で51歳 2005年以来ずっと横浜FCに在籍中
Jリーグ黎明期の功労者を一度もW杯のピッチに立たせることができなかったことは日本的ストーリーに反している。予選途中に就任した岡田監督は予定調和を嫌い、サッカーの世界の常識へのこだわりがみてとれた。
カズを隅に置いていることで日本サッカーに対する違和感が消えない。川淵キャプテン、岡田氏共に今もこの一見の内幕を語っていない。
〜2006年6月記〜
Tweet


世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新