しらべるプロ野球用語事典

希望入団枠

最終更新 2007/4/23
1球団1人まで自由競争で選手を獲得できるというNPBの新人獲得制度。2004年ドラフトまでの自由獲得枠に替わり2005年のドラフトから導入された。
2007年4月に発覚した西武の不祥事が発端となり撤廃。2005年、2006年と2年だけの実施に終った。
1993年〜2000年
逆指名(1球団2人まで)
2001年〜2004年
自由獲得枠(1球団2人まで)
2005年〜
秋のドラフト会議で希望入団枠が導入された。
2007年
4月、西武の不祥事が発端となり、撤廃された。
「希望入団枠を使わない」と意志表示すれば、先に行われる高校生ドラフトで2巡めの指名ができる。


毎日1話ブログ「しらべるが行く」

初出2005年10月Copyright しらべる