しらべるプロ野球用語事典

松坂大輔


【 まつざか だいすけ 】 一流の運動能力を持つ野球選手。横浜高−西武−レッドソックス 投手 右投げ右打ち

1980年
9月13日、東京都生まれ、当時高校野球のスターだった荒木大輔にちなみ大輔と命名される。
1998年
甲子園春夏制覇、決勝でノーヒットノーランを記録。
1998年
11月、希望球団の巨人が上原を指名するため、横浜を意中の球団としていたが抽選で西武が指名。ドラフト1位入団。背番号18。
1999年
16勝5敗。高校新人45年ぶりの最多勝。新人王。
ANAハンバーガー計画のCM出演。カシオG-SHOCK松坂モデル発売。
2000年
14勝7敗。シドニー五輪出場0勝3敗。

9月12日深夜、日本テレビ柴田倫世アナウンサーの自宅を訪問したところを写真週刊誌「フライデー」に撮影される。これが発端となり免許停止中の運転と、黒岩彰広報が駐車禁止を身代わり出頭したことが発覚。野球活動停止処分を受ける。謹慎中にレーシック(レーザーによる視力回復)手術を受け視力を矯正。まったく卒がない。黒岩氏はその後2004年12月に西武球団代表に就任した。
2001年
15勝15敗。3年連続最多勝。勝敗同数の最多勝は史上初。
2002年
入団4年目で初めてチームがパリーグ優勝。日本シリーズ対巨人戦では登板の度に打たれた。
2003年
大学を経た同級生 木佐貫久保、永川、古木、村田、和田、新垣、後藤らがプロ入り。「松坂世代」と呼ばれる。
11月6日、アテネ五輪予選台湾戦先発、勝利投手。
2004年
8月、アテネ五輪出場。決勝進出を賭けたオーストラリア戦で負け投手。
10月、日本シリーズ第2戦負け投手。第6戦でシリーズ初勝利。プロ入り後、大舞台で初めて結果を出した。
12月、柴田倫世さんと結婚。
2006年
3月、WBCMVP
シーズンオフ、ポスティング手続き。60億円で入札したレッドソックスが交渉権獲得。西武は松坂に支払った生涯年俸総額を差し引いても、43億円の儲けとなった。今後、高校生を獲得してMLBに高額で販売する先例となるだろう。
2007年
レッドソックス1年め チームはワールドシリーズで優勝した。
2009年
WBC出場。2大会連続MVP
2015年
福岡ソフトバンクホークス1年め 一度も登板しなかった。
かつて伊集院静イチローと退団した時の会話
伊集院静「本を読んだりはするのですか?」
松坂「いいえ漫画以外は読みません」
イチロー「伊集院さん、横書きの本ってないんですかね」
「たまりませんな」伊集院静 双葉社 2005年12月

松坂は2006年オフ、讀賣新聞の取材に対して「子どもの頃は図書館でいつも本を読んでいた」と答えた。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 最終更新 2015/10/10