しらべるプロ野球用語事典

プロ野球独特用語


プロ野球を報じるメディアと、プロ野球選手が使う独特の用語

売り出し中
二軍から上がってきて活躍し始めた、比較的年齢が若い、注目されていなかった選手に使う表現。
応援よろしくお願いします。
語彙が貧しい選手が、ヒーローインタビューを締めくくる決めぜりふ。
お立ち台
ヒーローインタビューで選手と聞き手が乗る台。
核弾頭
足の速い1番打者。一方では憲法改正には目を剥く、同じメディアとは思えない過激な表現だ。
気持ちを聞かせてください
ヒーローインタビューの聞き手が、選手を困らせるために繰り返す質問。
「今の率直な気持ちを」「あの場面、どんな気持ちで」「逆転勝ち、今の気持ちを」「もう一度気持ちを」 それを聞いている数十万人から馬鹿にされていることに、いつまでも気づかない。
サブマリン(潜水艦)
下手投げ投手
3タテ【 さんたて 】
同一カード3連戦の3連勝。
守護神
頼りになる抑え投手。
助っ人
外国人枠登録の外国人選手。
メディアが活字で使う。放送では使われない。
そうですね
インタビューで、語彙が貧しい選手が考える時間を稼ぐために使う相づち。
鳴り物入り
アマチュア時代に注目されていたことを意味する表現。
マルチヒット
1試合に2安打以上打つこと。イチローがMLB移籍後、MLB用語が輸入された。2安打で誉めるな!
猛打賞
1試合に3安打以上打つこと。スポンサーから選手に賞品が出る。3安打めを打つと、贈られる賞品が場内で放送される。テレビのスポンサーとは会社が違うので、テレビ放送はその音声を拾わない。
やっぱり
インタビューにおける「そうですね」という相づちがみっともないと言われた選手が、代わりに使っている相づち。「ほんとに」もある。
レーザービーム
外野手から三塁、本塁への矢のような送球。MLBから来たことば。
メディアやブロガーが使うこれらの言葉。日常会話に使っているファンはほとんどいない。



サッカー中継独特用語

ステレオタイプ事典



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2008年6月 最終更新 2016/3/27