しらべるスポーツ

プロレスの歴史


大まかな日本プロレスの歴史

1953年
力道山が日本プロレスを設立。→池上本門寺
1953年はテレビ放送開始の年。プロレスはテレビで放送されて人気を得た。
1960年
アントニオ猪木ジャイアント馬場デビュー。
1971年
ミル・マスカラス初来日
1972年
1月、日本プロレスを脱退した猪木が、新日本プロレスを設立。
7月、馬場が日本プロレスを脱退して、全日本プロレスを設立。
1973年
デストロイヤーが全日本プロレスに常時出場を始める。
1974年
3月、12月、ストロング小林が国際プロレスを離脱して猪木と対戦。
12月、馬場がジャック・ブリスコを破り、日本人で初めてNWA世界ヘビー級王座に就く。
1976年
猪木が当時、ボクシングヘビー級王者だったモハメド・アリと対戦。
1979年
プロレスオールスター戦。馬場、猪木共にマッチメークを一任。馬場対猪木戦が実現する最初で最後のチャンスだったが、プロモーターは馬場猪木対ブッチャー、シンのタッグマッチを組みファンをがっかりさせた。試合に勝利したBI砲は抱擁を交わした。
1997年
PRIDE1開催。ヒクソン・グレイシー高田延彦が初対戦。プロレス・ファンの一部がヴァーリ・トゥードに流れ始める。
1998年
アントニオ猪木が引退試合を行い、現役を引退。
1999年
ジャイアント馬場逝去に伴い引退
2000年
ジャンボ鶴田 逝去
2007年
「週刊ゴング」休刊
2009年
三沢光晴が試合中、バックドロップを受けて亡くなる。
2010年
「週刊ゴング」の版元「日本スポーツ出版社」が破産。
2010年代
新日本プロレスが一人勝ちの黄金時代を築く→オカダ・カズチカ
しらべるのプロレス記事
船木誠勝フレッド・ブラッシー61分3本勝負はなぜ61分なのか?



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる 初出2010年2月 最終更新 2016/9/17