しらべるNPB

アレックス・ラミレス


Ramirez 気配りとリーダーシップに富むNPB指導者

1974年
ベネズエラの首都カラカスで生まれる。8歳の時野球チームにはいる。
1992年
インディアンスと契約。
1998年
MLB昇格
2001年
ヤクルト入団1年め。ラミレスは「1年で米国に帰るつもりで日本にきた」と著書「ラミ流」に書いている。
2003年
ロベルト・ペタジーニが巨人に移籍した後の4番を打つ。打点王、本塁打王
2007年
セリーグ記録となる204安打
シーズンオフ、ラミレスは2年契約での残留を希望したが、ヤクルトは1年契約を提示して交渉不成立。自由契約となった。 2年契約を提示した巨人に移籍。背番号5
2008年
5月、ゴンザレス内野手が薬物摂取疑惑で退団。ラミレスは自ら、原監督の元に赴き「自分は将来日本で指導者になりたい。バカなことはしない」と説明した。
全試合スタメン出場。李承が二軍落ちした後はシーズン終了まで4番を打った。
打点王 本塁打45本(横浜村田に次いで2番め)
2009年
外国人枠を外れて登録される1年め。全試合で4番を打ち、初めて首位打者となる。巨人の日本一に貢献した。
9月10日、初めての著書「ラミ流」を出版。日本に来てからの経緯、自身の過去現在未来を綴っている。
2010年
49本塁打、129打点で2冠王
2011年
3月、東日本大震災の被災地に8,000万円の義援金を送った。
シーズン終了後巨人を退団。横浜と契約。
2012年
DeNA1年め
2013年4月6日
NPBでの2000本安打達成
打撃不振のため先発を外れることが多く、7月には二軍落ちした。
2015年
シーズンオフ 現役引退
2016年
DeNA監督1年め
ヤクルト巨人横浜


毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2008年10月 最終更新 2016/6/5