人物 団体(スポーツ)

バレンティーノ・ロッシ

最終更新 2011/6/12
【Valentino Rossi】
イタリアMotoGPライダー
2002年にMotoGPクラスが始まって以来4連覇した。
かつてヤマハの阿部典史(ノリック)のライディングスタイルに感銘を受け「ロシフミ」というキャラクターを作り出した

【略歴】

1979年
2月16日、イタリア生まれ。1970年代(1982年まで)WGPで活躍したライダー、グラジアーノ・ロッシの元に生まれ、二歳で初めてバイクに乗る。
1996年
WGP125ccクラスにアプリリアから参戦、年間9位。ゼッケン32。
1997年
WGP125ccクラス アプリリア 年間チャンピオン。ゼッケン46。
1998年
WGP250ccクラスにアプリリアから参戦、年間2位。
1999年
WGP250ccクラス アプリリア 年間チャンピオン。
2000年
WGP500ccクラスにホンダNSR500で参戦、年間2位。
2001年
WGP500ccクラス参戦。ホンダNSR500で年間チャンピオン。22年240日めでの獲得はフレディ・スペンサー、マイク・ヘイルウッド、ジョン・サーティースに次いで4番目の若さ。
鈴鹿8耐参戦2年めで優勝。
2002年
MotoGPクラスにホンダRC211Vで参戦。前年チャンピオンが同クラスを走る場合、慣例としてゼッケン1をつけるがロッシは以前からの46をつけた。
MotoGPクラスとしての初戦日本GP(鈴鹿)で優勝。
年間チャンピオン獲得。
2003年
MotoGPクラス ホンダRC211V 年間チャンピオン。
5月20日「バレンティーノ・ロッシ 史上最速のライダー」マット・オクスレー 講談社 発売される。
11月10日、ヤマハ移籍発表。2年契約。
2004年
MotoGPクラスにヤマハYZR−M1で参戦 ゼッケン「46」
4月18日、第1戦南アフリカGP 予選ポールポジション獲得、決勝優勝。
5月2日、第2戦雨中4位。連続表彰台が23戦で止まる。
10月17日、4年連続の年間チャンピオンを決める。
2005年
開幕戦最終コーナーでセテ・ジベルノーを弾き飛ばして優勝。ヤマハ50周年を祝うため日本GPでの王者決定を狙ったがセテ・ジベルノーと接触リタイア。翌戦で年間王者決定。
2006年
ノーポイントレースが3戦ありノーポイントレース無しで堅実に走るニッキー・ヘイデン(ホンダ)に終始リードされる展開。日本GP2位。ポルトガルGP2位で初めてポイントリーダーに立つが、年間2位に終わる。
2007年
ケーシー・ストーナー(ドゥカティ)に大差をつけられて、2年連続でタイトルを逃した。
2008年
3年ぶりにMotoGPクラス年間総合優勝。
2009年
年間総合優勝 これがYAMAHAでは最後のチャンピオン獲得となった。
2011年
ドゥカティ移籍1年め ゼッケン「46」


スポーツ報知WEB版2006年11月4日より
ロッシが46にこだわるのは、かつて日本グランプリで46番を付けたライダーが、雨の中で信じられないような走りをしたのをテレビで観たこと。さらにはロッシの父が46番を付けて3度GPに優勝していることによる。

*参考文献 「バレンティーノ・ロッシ 史上最速のライダー」マット・オクスレー 講談社

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2003年11月