しらべる巨人

鈴木尚広


【 すずき たかひろ 】 相馬高−巨人 外野手 右投左打
ベース1周を13秒3で走るNPBアスリート。2塁走者の時、単打でも歩いてきたかのようにホームベースに帰ってくる

1978年
4月27日、福島県生まれ。
1996年
11月、ドラフト4位で巨人入団。
元々は右打ち。2年めまで両打ち。3年めから左打ちに専念。
2001年
1軍出場無し。2軍で27盗塁。
2002年
日本シリーズ第4戦、代走で浅いレフト前ヒットで2塁から生還。この快走で引導を渡し西武に4連勝で優勝を決めた。
2003年
開幕1軍入り。清水高橋由伸の怪我で4月下旬からスタメン。
5月4日、本塁打(投手:広島 ブロック)。5月は2番に定着。
7月17日、アテネ五輪予選日本代表候補に入る。11月の日本代表には漏れた。
8月、左投手が打てないため控えに戻る。
9月8日、左足故障で登録抹消。
12月24日、入籍 結婚。
2006年
堀内監督の2年間はほとんど出番なしだったが、原監督の復帰1年目は1軍に定着した。
2007年
村田善則がつけていた背番号12に変更。代走で優勝に貢献したが、優勝を決めた試合最終回の牽制死がもっとも印象的なプレーだった。
2008年
右打席で本塁打
30歳を迎えたこの年、シーズン後半から1番センターのレギュラーに定着。13ゲーム差逆転優勝に貢献した。
2009年(31歳)
坂本勇人が1番打者となり、再び代走・守備固め要員となった。
代走のスペシャリストとして生きていくことを決意する。
2010年
8月、国内移籍可能FA権獲得。シーズンオフ、他球団と交渉する前に巨人残留を決めた。
2015年
入団17年めで初めてオールスターゲーム出場(原監督推薦)
10月22日、2015年ドラフト会議巨人は俊足の外野手重信慎之介を2位指名した。
10月31日、NHKアスリートの魂「「ただ“一走”にかける 巨人 鈴木尚広」放送
高い身体能力を維持するための取り組み、卓越した技術が紹介された。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 最終更新 2015/11/3