スポーツボランティア

スポーツボランティア・リーダー


スポーツイベントの内容を理解し、主催者をサポートしながら、スポーツボランティアを取りまとめる人

JSVNが行っている養成研修会の場合
年2回程度の「養成研修会」を行っており、受講修了者をスポーツボランティア・リーダーとして認定する。
スポーツイベントのボランティア経験者を対象に、受講を薦めている。
養成研修会の受講料:3,000円

スポーツボランティアリーダーの役割
1,的確な指示や判断
2,ボランティア参加者が気持ちよく活動できる
3,ボランティア一人ひとりの能力を活かせるように導く

【スポーツボランティアリーダーの歴史】

2004年
笹川スポーツ財団がスポーツボランティア・リーダーの育成を始めた。
2007年
東京マラソンが始まる。スポーツボランティア・リーダーがボランティアを統括している。
東京マラソン2007ボランティア
東京マラソンボランティア経験者に、養成研修会の受講案内が始まる。
2013年
笹川スポーツ財団認定のスポーツボランティアリーダー資格をJSVNに移行。

関連記事
スポーツボランティアスポーツボランティアリーダーの心がけボランティア



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2009年5月 最終更新 2016/1/23