大洋・横浜の歴史


日本プロ野球が2リーグに分裂した1950年に創設されたセリーグの球団。本拠地:横浜スタジアム

1949年
11月22日、大洋漁業が大洋ホエールズを創立。
1950年
セリーグに参加。
本拠地:下関球場〜山口県
ホエール〜whale〜はクジラ。捕鯨は親会社 大洋漁業の柱の事業だった。
1953年
松竹ロビンスと合併 大洋松竹ロビンスとなる。
本拠地:大阪球場
1955年
球団名が大洋ホエールズにもどる。
本拠地:川崎球場
1960年 昭和35年
初優勝 初日本一〜三原監督〜
1978年
川崎球場から横浜横浜スタジアムに本拠を移す。
横浜大洋ホエールズと改称。
1993年
横浜ベイスターズと改称。
1998年
2度めの優勝 2度目の日本一〜権藤監督〜
2000年
2軍を「湘南シーレックス」とした。
2001年
11月、マルハ〜旧 大洋漁業〜からニッポン放送に経営権が移る。
いったん承認されたがフジサンケイグループがヤクルトと横浜2球団の株式を保有することが野球協約に違反していた。これを受けて29日コミッショナーがミスを認め経営権委譲が白紙に戻る。
2002年
1月26日、マルハからTBSに経営権が移ることがオーナー会議で承認される。
MR-Sリリーフカー使用開始。
2003年
山下大輔監督指揮1年目、最下位。
オフ、MLBマリナーズから佐々木が復帰。
2004年
10月、山下監督解任、牛島和彦監督就任。
2005年
7月19日、シーズン途中に獲得したクルーン〜Marc Kroon 1973.4.2生まれ〜が球速161キロを記録する。
楽天がTBSの筆頭株主となる。一事業者二球団保有を禁止する野球協約に違反しているが放置されている。
2007年
4月、那須野巧に協定以上の契約金を支払っていたことが発覚したが「協定破りは違反ではない」とメディアに公言。自分の都合がいいように解釈すれば、ルールは守らなくてよいという手本を人々に示した。
8月、かつての本拠地下関市で公式戦をおこなった。
2009年
5月、大矢明彦監督を解任、田代富雄二軍監督が代行を務める。
ハマスタツアー開始。
2010年
尾花監督1年目
シーズンオフにTBSが住生活グループと売却交渉をしたが、住生活グループが新潟への本拠地移転にこだわったため破談。
2010シーズン終了をもって2軍「湘南シーレックス」の名称を「横浜ベイスターズ」に統一。 親会社が民法キー局なのに、地上波では主催試合のテレビ中継がない。 BS-TBSでは巨人戦だけを放送している。
2011年
シーズン終了後、TBSがモバゲーのDeNAに球団を売却。初代監督は工藤公康に打診したが断られ中畑清が就任。巨人を退団したアレックス・ラミレスを獲得。
2012年
横浜DeNAベイスターズ1年め
横浜スタジアム


関連記事
ハマスタツアー
MR-S 横浜スタジアムリリーフカー

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 最終更新 2015/4/17