原辰徳


【はら たつのり】NPB指導者。
東海大相模高−東海大−巨人−NHK野球解説者−巨人−巨人顧問−巨人
現役時代:内野手、外野手 右投げ右打ち

原辰徳の略歴

1958年
7月22日、福岡県生まれ。
1974年
東海大相模高校進学、3年間で4度(80%)甲子園出場。
1975年
センバツ甲子園、準優勝。
1977年
東海大進学、4年間で三冠王2度獲得。
1980年
日本ハム・広島大洋巨人がドラフト1位指名で競合、抽選で藤田監督が引き当て巨人入団。背番号8 1980年シーズンで引退した高田繁の背番号を引き継いだ。
1981年
キャンプでは篠塚とセカンドの定位置争い。開幕セカンドスタメンデビュー。中畑の負傷後、本来の守備位置サードに回る。
1年目打率.268、22本塁打、67打点 新人王
1983年
103打点で打点王(現役唯一の打撃タイトル) MVP
1992年
7月5日、神宮球場でのヤクルト戦。2点ビハインドの9回。前を打つ岡崎が敬遠された後、同点本塁打。鬼の形相でバットを高く投げあげた。
入団以来12シーズン連続 本塁打20本以上
シーズン最多犠飛セリーグ記録となる12犠飛 2010年終了時点でもセリーグ記録のまま
1995年
シーズン終了後、現役引退。
通算成績打率.279、382本塁打、1,093打点
1996年
NHKプロ野球解説者、ニュースキャスターとなる。
ユニフォームを脱いだ途端 「打てない4番」のマイナスイメージが消えてTVに映えた。
1997年
オフ、巨人二軍打撃コーチ就任要請を辞退。
1999年
野手総合コーチとして巨人復帰。背番号80。
2001年
オフ、コーチとして3シーズン終了後、長嶋監督の後継者として第14代監督就任。背番号83 直後のドラフトでは寺原を外し真田裕貴を1位指名。
2002年
初シーズン。意外と堅実な采配、目配りの細かい起用でリーグ優勝。西武を球団史上初の4−0で破り日本一。
ドラフトでは逆指名で木佐貫洋久保裕也を獲得。松井秀喜MLBヤンキーズへ移籍。
2003年
3月14日、公式サイト「HARA Spirit」オープン。
3月15日「選手たちを動かした勇気の手紙」幻冬舎 出版。
7月15日、オールスター采配。高橋由伸の2本塁打で4−4の引き分けに持ち込む。
7月16日、オールスター監督勝利。
9月26日、辞任会見。
10月8日、最終戦後、阪神球団の厚意により甲子園球場でマイク挨拶。戦い続ける者が敵将の胸で泣いたのはいただけなかった。
11月15日、2003シーズン ウェブページ「HARA Spirit」に綴ってきたブログをまとめた「ジャイアンツ愛」幻冬舎 出版。書き出しは辞任後の反省から始まっている。
2005年
10月5日、2度めの巨人監督就任会見。 補強ポイントに「一番大きいのは日本人」と日本人補強を挙げた。背番号88
2007年
2年つづけて春は首位を走る。上原の抑え起用が功を奏しリーグ優勝。
2008年
13ゲーム差を逆転してセリーグ2連覇。これで5期指揮を執り3勝。
スポーツ新聞に掲載された優勝後の言葉〜 「2009年はさらに若返りを図る。2009年は勝てないかも知れないが、2010年から5連覇できるチームを作る」
2009年
3月、WBC日本代表監督を務め優勝。セリーグ三連覇。日本シリーズも優勝。
2010年
首位と僅差で優勝を逃しセリーグ3位
2011年
セリーグ3位
2012年
リーグ優勝。9期指揮を執り5勝。監督として3度目の日本シリーズ優勝。
2013年
セリーグ2連覇 日本シリーズは楽天と対戦。第7戦では不調の杉内起用にこだわり敗戦。2連覇は成らなかった。
2014年
5月29日、父親の原貢氏が亡くなる。31日試合後に公表された。 訃報は選手に知らせずオリックスと対戦。金子に9回を無安打無得点に抑えられたが、12回2死無走者から亀井義行の本塁打で1-0の勝利。菅野智之をはじめ7人の投手が11安打を打たれながら12回を完封した。
2015年
リーグ優勝を逃し4連覇への2度めの挑戦も叶わなかった。スポーツメディアでは退団が報じられた。
ホームランをどれくらい打ちたいか?と問われ、ホームラン狙いを否定して「ヒットの延長がホームラン」と言う選手がいる。
原の場合「ホームランの打ち損じが犠牲フライ」または「外野フライの延長がホームラン」
原は犠飛の難しさを唱える。犠飛のシーズンセリーグ記録を持つ彼が、フライを上げる技術が高かったとみるか、ボールの下を打つ特徴があったとみるか、ものごとの見方には個人差がある。ファンとしては、もう少し芯に当てて欲しかった。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 最終更新 2015/10/10