WBC


World Baceball Classic MLBのご都合主義で開催される国際的な野球大会

開催に至る経緯
野球W杯

【時系列の記録】

2006年
3月、第1回開催 優勝国:日本
アメリカの試合をアメリカの審判が裁き、アメリカに有利な判定をした。
日本の監督は王貞治
松坂大輔がMVPを獲得。
イチロー日本のために出場したが、松井秀喜は故障していたわけでもないが、ヤンキーズのために出場しなかった。
2009年
3月、第2回開催 優勝国:日本
中日の日本人候補選手全員が出場を辞退。落合博満監督は「選手の意志」とコメントした。
日本の監督は原辰徳
松坂大輔がMVPを獲得。
松井秀喜は故障のため、出場できなかった。
2013年
3月、第3回開催 優勝国:ドミニカ
プロ野球選手会は一旦不参加を表明したが、交渉により出場に転じた。
日本の監督は山本浩二。MLB所属の日本選手が全員出場辞退。NPB選手だけでメンバーを組んだ。
2017年
3月、第4回開催
日本の監督は小久保裕紀
日本プロ野球の歴史

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2006年4月  最終更新 2016/9/2