ワンセグ


移動端末携帯電話カーナビ)用の地上デジタル放送

地上デジタル放送では、1つのチャンネルを13個の帯域(セグメント)に分け、12個はテレビ受像器用に使い、1つを移動端末用に割り当てる。その移動端末用の1つを使うので「ワンセグ」

アンテナで電波を受信するのは普通のテレビと同じ。電波が入らないところでは写らない。

視聴は無料。

パソコン用には、USB端子に外付けするワンセグチューナーが発売されている。
ワンセグチューナー2008年5月

2006年
4月1日、東京大阪名古屋周辺29都府県で放送開始。放送内容は同じもの(サイマル放送
対応端末の販売台数は50万台。
当時、対応機種のテレビ連続視聴(バッテリー持続)はメーカー発表で3〜4時間。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新  初出2006年4月 最終更新 2015/11/15