しらべる映像ど素人!一眼レフ講座

APS-C


35mm判(フルサイズ)より二回り小さい撮像素子の規格。
大半の一眼レフデジタルカメラで採用されている

APS-Cの撮像素子:ヨコ22.3mm タテ14.9mm
 ※35mm判(フルサイズ)は、ヨコ36mm タテ24mm

 フルサイズのほうが画質はいいが、撮像素子の価格が高いため、カメラも高い。
 2008年11月現在、もっとも安いフルサイズ一眼レフデジタルカメラが30万円を切った。

 広角レンズを使っても、APS-Cではレンズ本来の広さは写せない。

 関連記事
ど素人!一眼レフ講座GRII

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2008年12月