しらべる映像

BSデジタル放送を見る

最終更新 2008/6/1
BSデジタル放送を視聴する

 必要なもの
パラボラアンテナ
BSデジタル放送対応機器
 (テレビやDVDレコーダー
B−CASカード

 CATVと契約して、CATV経由で見れば、上記3つは不要。(CATV業者の機材であるセットトップボックスは必要)


【 アンテナ 】

BSアナログ放送とアンテナの向き・角度は全く同じ。
BSデジタル放送用のパラボラアンテナは直径40cm以上が推奨されている。
 BSアナログ放送用のパラボラアンテナは40cmより小さいものが多い。その場合買い換えた方がよい。

 BS放送はパラボラアンテナの向き・角度がピンポイントで合わないと映らない。アンテナ調整作業は根気強さが必要。
パラボラアンテナは何本必要か


【 B−CASカード 】

B−CASカードを機器に挿入しておかないと映らない。
登録はアフターサービスのためのもの。登録しないと映らないわけではない。


降雨時は受信状態が悪くなる。
降雨対応放送をしている番組がある。
 降雨対応放送とは、送るデータ量を少なくして、映像・音声が途切れないようにした放送。
 メッセージに従い「見る」を選択すると、画質は落ちるが見ることができる。

衛星放送



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる   初出2006年6月