地上波アナログ放送

地上波アナログ放送    最終更新 2011/8/27
地上テレビ塔経由のアナログ電波によるテレビ放送。
 テレビ登場から2011年までの地上波テレビ放送

2003年
12月1日、地上波デジタル放送開始。
2011年
2011年
7月23日、Gコードの新聞テレビ欄掲載が終了。
7月24日正午、放送終了 放送終了のメッセージが出る
7月25日0時、砂嵐に変わる

東日本大震災の被災地、岩手宮城福島の3県はしばらくの間、放送がつづく。
2015年3月
デジアナ変換が終了する。ケーブルテレビによる「デジアナ変換」放送が映らなくなる。
7月24日午後、アナログ終了のメッセージを撮影しようと思い、アナログチューナーしか搭載していないVHSデッキの電源を入れた。すると、まだテレビが映っている。画面の右上には「デジアナ変換」の文字。
 ケーブルテレビに加入していないのに、アナログ選局すると「デジアナ変換」でテレビが映る?
   ↓
 ケーブルテレビは有料チャンネルだけではない。難視聴地域のマンションなどは無料の地上波放送をケーブル経由で供給している。自分がケーブル経由利用者であることを利用者が気づいていないことがある。
「デジアナ変換」が画面に表示されるということは、ケーブルテレビを見ているということである。

アナログからデジタル放送への移行期間
 英国ではデジタル放送開始からアナログ放送終了までの移行期間は15年をみている。
 日本の8年は短い。法律で決まってはいるが、予定通り2011年にアナログ放送が終了するとは限らない。
〜2003年6月記〜

今使っているテレビとビデオが映らなくなる

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2003年4月