しらべる政治 経済 行政

首相官邸

最終更新 2003/5/10
首相が執務する建物。
2002年3月、現在の首相官邸が完成

1929年
旧・首相官邸が完成。
1995年
5月、新・首相官邸着工。
2002年
3月、新・首相官邸完成。
4月22日、新・首相官邸開所式。開所時の首相は小泉純一郎
4月30日、業務開始 旧官邸は首相公邸となった。
新・首相官邸は地上5階、地下1階。屋上にヘリポート。地下1階は危機管理センターとして災害や有事の際には首相の指令本部となる。

地下1階は東側正面出入り口からは地下3階に相当(西側出入り口からは地下1階)。地底まで破壊するミサイルからも破壊を逃れる設計と考えられる。

新官邸の工費は435億円、650億円、700億円と様々な報道がある。首都移転が2002年6月に結論が出る見込みだったため、この巨額の投資が4月の開所時には論議を呼ぶと思われていたが、首都移転の話題がさっぱり盛り上がらないためマスコミもとりあげなかった。



ど素人!政治経済講座

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる